在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>外国人雇用について

| 外国人雇用について |

外国人雇用をご検討の企業 担当者の方へ

外国人の方が日本で働くために、就労可能な在留資格(俗に言う就労ビザ)を持っていることが条件となります。

就労ビザを持たずに働いていた場合は不法就労となりますので、本人だけでなくその雇用主に対しても懲役若しくは罰金に処される可能性があります。

また、就労ビザにも種類があり、業務内容によってそれぞれ対応する就労ビザが変わってきます。

以上を踏まえ、外国人を雇用されるに当たって、その方がどのような状況で、どのような在留資格をいつまでの期間で持っているかの確認を行う必要があります。

以下に、国外から雇用される外国人を呼び寄せる場合と、日本国内に既に在留している外国人を雇用する場合とに分けて諸注意事項などをまとめさせていただきます。
 

問い合わせ