在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>在留資格変更

在留資格変更

在留資格の変更とは

在留資格を有する外国人が在留目的を変更して別の在留資格に該当する活動を行おうとする場合に、在留資格の変更許可申請を行い、新しい在留資格に変更するために許可を受けることをいいます。

よくある在留資格変更の事例
日本人(又は永住者)との結婚による変更の場合
在留資格「日本人の配偶者等」・「永住者の配偶者等」へ
日本人(又は永住者)の配偶者が、離婚してしまった場合
在留資格「定住者」もしくは就労ビザ等へ
※婚姻年数やお子さんの有無、職業等に より判断が異なります。
できる限り事前にご相談ください。
留学生が学校を卒業し、企業に就職する場合
在留資格「技術・人文知識・国際業務」・「技術」などへ
会社を退職し、日本国内で会社を設立して代表取締役に就任した。
在留資格「経営・管理」への変更を検討。
※「経営・管理」への変更が厳しい場合 もあります。事前にご相談ください。
投資額や雇用人数に注意。
他の在留資格に該当する活動を行う会社に転職する場合
在留資格「技術・人文知識・国際業務」から「技術」への変更など
※ご本人の経歴や資格、会社の業績や従事する職務内容等から事前に検討が必要です。
在留資格変更の必要書類
  • 在留資格変更許可申請書
  • 申請理由を証明する資料
  • パスポートまたは在留資格証明書
  • 外国人登録証明書
  • 資格外活動の許可を受けている場合には、その許可書

当事務所の強み