在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

日本に入国予定の外国人が入管法上の在留資格に該当することを、法務大臣があらかじめ 認定したことを証明する文書です。

申請の流れと必要書類

日本にいる親族などの代理人が、住んでいる管轄の入国管理局に以下の必要書類を揃えて提出します。

  • 在留資格認定証明書申請用紙
  • 戸籍謄本(日本人配偶者)または婚姻受理証明書
  • 世帯全員の住民票(日本の)
  • 申請人または配偶者の職業および収入に関する証明書
  • 日本人配偶者の身元保証書
  • 外国人配偶者のパスポートのコピー
  • 外国人配偶者の写真(4×3cm)
  • 質問書(入国管理局にある)
  • 交際を証明する資料(結婚式の写真など)
  • 返信用封筒

他に卒業証明書などを要求されることもあるので、事前に問い合わせて確認しましょう。

在留期間更新許可申請の手続き

在留資格認定証明書で滞在できる期間は1年または3年の2通りです。
その期間を超えて日本に滞在する場合は、「在留期間更新許可」を申請しなければなりません。在留期間が満了する3ヶ月前から、更新手続きが可能になります。基本的に必要なものは、下記の通りです。

  • 在留期間更新許可申請書
  • 申請理由を説明する資料
  • パスポートまたは在留資格認定証明書
  • 外国人登録証明書
  • 資格外活動許可書(許可を受けている場合のみ)

これらの必要書類を揃えたあと、管轄の入国管理局にて申請します。
2週間~2ヶ月で通知がくるので、パスポートを持参の上、本人が出向き許可書を受け取ります。
尚、必要なものは在留資格や個別の状況によって違ってきますので、あらかじめ問い合わせて確認しましょう。

当事務所の強み