在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

STAP細胞についての特許出願
連日 テレビで取り上げられているSTAP細胞ですが、小保方さんの会見
に同席されていた弁護士さんのお1人が知的財産専門の方だそうです。

小保方さん、共同研究者は、STAP細胞の作り方を特許出願している
ようです。

米国特許商標庁へのPCT国際出願で、
発明者は、チャールズヴァカンテイ、小保方晴子ほか計7名

出願人は、ブリガムアンドウイメンズ病院、理研、東京女子医科大学の3者、


                                      

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
建設業への外国人労働者活用
政府は、4日、建設分野においての外国人材の活用に関する緊急措置
を決定したようです。

国内の建設技能労働者不足が懸念されるなか、東日本大震災からの
復興事業の加速、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会に
向けた建設需要の拡大に対応するため。

具体的には、建設分野の技能実習を終えた外国人について、これまで
の3年間の技能実習に加え、実習終了後、最大2年間、建設業務に従
事することを可能とするもので、実習を終えて帰国した実習生を呼び戻
すことも可能とされています。

再入国者のうち、本国に帰国後1年以上が経過した場合は、最大3年
以内の従事を認めるようです。

                                    

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ハーグ条約
本日、国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)が
日本において発効となりました。

                                      

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「領収証」等に係る印紙税
印紙税法の一部が改正され、平成26年4月1日以降に作成される
領収証等の非課税範囲が拡大されます。

現在は、記載された受取金額が3万円未満のものが非課税となって
いますが、平成26年4月1日以降に作成されるものについては、受
取金額が5万円未満のものについて非課税となります。

                                   

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
在留特別許可
在留特別許可は、法務大臣の裁量的な処分であり、個々の事案ごとに
総合的に判断されます。

平成25年中に在留特別許可された事例18件、在留特別許可されなか
った事例22件について、法務省HPに公表されています。

                                      

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
8