在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

新たな在留資格創設を検討
政府は、国家戦略特区諮問会議で、特区ごとに設ける区域会議の
進め方を議論し、民間議員は、外国人受け入れのための新たな
在留資格の創設や、新規企業などへの新たな労働時間制度の
適用などを提示し、6月の成長戦略、改訂版に成果を盛り込むよう
提言したそうです。

                                     

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
研究会 総会
昨日は、所属する入管手続研究会の総会がありました。
会計としてはじめての総会でしたが、無事終わりました。

その後、「米国査証申請(非移民ビザ申請(DS160)及び
短期滞在の基準)とESTA」 についての研修がありました。

                                



投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
著作権法改正案、特許法改正案
国会に上程されていた、以下の改正案が可決成立しました。

著作権法改正案は、24日 参議院可決。

特許法改正案は、23日 衆議院可決。

今回の改正では、特に商標法では、商標の保護対象に色彩
や音が追加されたこと、地域団体商標の登録主体が拡大さ
れたことなど、
特許法では、特許異議申立制度が復活したなど、大きく
変わったところがあるようです。

                                 

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
訪日外客数
2014年3月の訪日外客数は、前年同月比22,6%増の105万1千人で、
過去最高を記録したそうです。

中国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、
インド、フランス、ロシアが、3月として過去最高を記録するとともに
タイは年間を通じ単月としても過去最高だったようです。

                                        

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新たにアジア3国ビザ免除への方向
政府が、インドネシア、フィリピン、ベトナムから日本への観光客の
査証(ビザ)を免除する方向で調整しているそうです。

昨年7月にビザを免除したタイ、マレーシアからの13年の旅行者
は、計約63万人と、12年に比べ61%の増加。

                                  

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
7