在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

新年互礼会
1月25日(土)、スイスホテル南海大阪にて、所属する行政書士
入管手続研究会の新年互礼会がありました。

講演の部では、「人口減少時代における日本の「移民政策」の
行方~昨今の政策動向と政策提言から考える」 と題して
筑波大学准教授の明石純一先生に講義していただきました。

その後の宴会の部では、例年のビンゴゲームはなく、その代わりに
Mr.Costie Payne をゲストにお迎えし、数々の素敵な歌を歌って
いただきました。

                                    

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
入管法
マレーシアのアンワル元副首相が1月19日に日本に入国しようと
したが、入国できませんでした。

この元副首相は、マレーシアで「権力乱用」の罪で有罪判決を受けて
いました。

入管法の
「日本国又は日本国以外の国の法令に違反して、1年以上の懲役もし
くは禁錮又はこれらに相当する刑に処されたことのある者、但し政治
犯罪により刑に処された者は、この限りではない」

という条文に該当し、上陸が拒否されたようです。


                                      


投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
在留資格認定証明書
在留資格認定証明書の交付を受けて、もし破損や紛失をしてしまったら、
すぐに地方入国管理曲などのその在留資格認定証明書を交付した担当
部門に連絡して、破損や紛失の事実を伝えます。

毀損や汚損などの破損にあたる場合は、その在留資格認定証明書と
再交付の申出書を提出し、最初に交付された認定証明書の交付番号と
作成年月日を引き継いて、在留資格認定証明書が再交付されます。

紛失や滅失等、そのものをなくしてしまった場合は、新たに再申請をする
ことになってしまいます。
立証資料は最初の申請時に提出したものを準用できますが、再申請に
なるため、最初からの申請となりますので、時間がかかることになります。


                                         


                              

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スカイプ
今日、はじめてスカイプを使いました。
何年も前にインストールだけしたことがあったんですが、
そのときは、使うことなく、、でした。
2時間以上になりましたので、無料なのはいいですね。

                               

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
研修
昨日は、赤十字会館で行われた入国管理局の統括審査官が講師
の研修に行ってきました。

ざっと説明されたという印象で、もう少し事例をまじえてのこと等
教えていただきたかったなと思いました。

                                   

投稿者 行政書士 オフィス 大石 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
10