在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

新しい在留管理制度の下での手続き
2012年7月9日から新しい在留管理制度が導入されます。その下での
地方入国管理署での手続のうち、

所属機関・配偶者に関する届出については、以下のようになります。

 【所属機関に関する届出】
   対象: 「技術」等のし就労資格や「留学」等の学ぶ資格の方、

  ■ 所属機関の名称変更、所在地変更、消滅、契約終了、移籍が生じた場合

   ⇒ 14日以内に地方入管へ出頭又は東京局への郵送による届出

  【配偶者に関する届出】
    対象: 配偶者として 「家族滞在」 「特定活動(ハ)」 「日本人の配偶者等」
         及び 「永住者の配偶者等」 の在留資格を有する方

   ■ 配偶者と離婚又は死別した場合

    ⇒ 14日以内に地方入管へ出頭又は東京局への郵送による届出


  ※ これらの届出は、7月9日の施行後に新しく在留期間の更新許可や在留資格
     の変更許可などを受けた後から、届出の義務が生じることになります。

                                              

投稿者 行政書士 オフィス 大石 (2012年7月 2日 14:43) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :