在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

在留カード
新たな在留管理制度のもとで交付される在留カードは、常時携帯
することが必要であり、入国審査官、入国警備官、警察官等から
提示を求められた場合には、提示する必要があります。

在留カードを携帯していなかった場合は、20万円以下の罰金、
提示におうじなかった場合は、1年以下の懲役又は20万円以下
の罰金に処せられることがあるとされています。

                                    

投稿者 行政書士 オフィス 大石 (2012年5月12日 21:55) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :