在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

新しい在留管理制度
2012年7月9日より新しい在留管理制度がスタートします。
外国人の適正な在留の確保に資するため、法務大臣が
我が国に在留資格をもって中長期在留する外国人を対象
として、その在留状況を継続的に把握する制度です。

この制度の対象者には、氏名等の基本的身分事項や在留
資格、在留期間が記載され、顔写真が貼付された在留カード
が交付されます。

また、この制度の導入により、在留期間の上限をこれまでの
3年から最長5年とすることや、出国の日から1年以内に
再入国する場合の再入国手続を原則として不要とする
みなし再入国許可制度が導入されます。

なお、新しい在留管理制度の導入に伴って、外国人登録制度
は廃止されることになります。

                               
投稿者 行政書士 オフィス 大石 (2012年2月 7日 15:54) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :