在留資格・就労ビザ・帰化申請を大阪でお考えなら行政書士オフィス大石へ
HOME>オフィス大石ブログ

オフィス大石ブログ

新たな在留管理制度
2012年7月(※ 施行日は、政令により定められます) より新たな在留管理制度が
導入されます。

新たな在留管理制度の導入に伴い、以下のような在留資格の取消し事由、退去強制
事由、罰則が設けられます。

   在留資格の取消し
    ・ 不正な手段により在留特別許可を受けたこと
    ・ 配偶者として 「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」 の在留資格で
        在留する方が、正当な理由がなく、配偶者としての活動を6月以上行わない
      で在留すること
    ・ 正当な理由がなく住居地の届出をしなかったり、虚偽の届出をしたこと

   退去強制事由
    ・ 在留カードの偽変造等の行為をすること
    ・ 虚偽届出等により懲役以上の刑に処せられたこと

   罰則
    ・ 中長期在留者の各種届出に関して虚偽届出・届出義務違反、在留カードの
      受領・携帯・提示義務違反をすること
    ・ 不法就労助長罪の見直し
    ・ 在留カードの偽変造等の行為をすること

                                                  
投稿者 行政書士 オフィス 大石 (2011年12月 5日 12:14) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :